トッププログラムの目的

プログラムの目的

人類が直面している最も大きな課題の一つであり、我が国の新成長戦略分野の一つとして位置づけられているグリーンエネルギーの変換と貯蔵に関する科学技術の飛躍的発展が強く望まれています。本プログラムは、エネルギー変換工学とその経済性に広い視野角を持ちグローバルに活躍するグリーンイノベーション創出のリーダーを、産学官が理念を共有した教育体制により育成することを目的としています。
本プログラムを通じて取り組む課題は、1)低炭素持続社会構築のためグリーンエネルギーを効率的かつ経済的に変換・貯蔵する画期的な科学技術の開発、2)種々のエネルギー変換デバイスのベストミックスの実現、これらの研究を通した3)グリーンイノベーションの創出であります。これらの課題はさらに下記4分野(図参照)毎の課題に分けられます。短期、中期、長期的な視点に立ち、これらの課題を解決できる能力を身につけた世界的リーダーを基礎・実学融合教育により養成します。

  • 燃料電池分野
    高性能・高耐久性・低コストの電極触媒、高分子電解質膜の開発と電池設計
  • 太陽エネルギー分野
    変動が大きい太陽エネルギーを高効率、経済的、大規模に変換・貯蔵する多様で画期的な科学技術の開発
  • エネルギー変換材料分野: 
    固体酸化物形燃料電池や酸化物半導体太陽電池など、上記の2分野で必要な高機能新規材料の合成とさらなる高性能化への物性解析
  • 新エネルギー工学分野: 
    クリーンエネルギー媒体としての水素を地域、社会状況に柔軟に対応して製造する、多様な方法の開発


GO TOP