トッププログラムの目的エネルギー変換材料分野

エネルギー変換材料分野

高温型高効率燃料電池として期待されている固体酸化物形燃料電池(SOFC)や酸化物半導体太陽電池など、燃料電池分野および太陽エネルギー分野で必要な高機能新規材料の合成とさらなる高性能化への物性解析が重要課題であります。また、多様なエネルギー変換・貯蔵を可能にする圧電変換材料や酸素貯蔵材などの開発も重要です。現在進行中の元素戦略プロジェクトや単結晶育成技術など、本学が蓄積してきた優れた人材と固体科学分野の研究資源により課題を解決していきます。



GO TOP