トッププログラムの目的太陽エネルギー分野

太陽エネルギー分野

クリーンな太陽エネルギーは面積当たりのエネルギー密度が低く、変動が大きいという欠点があります。これを高効率、経済的、大規模に変換・貯蔵する多様で画期的な科学技術開発が重要課題であります。太陽エネルギーを化学物質に変換貯蔵する有力手段として、可視光応答型光触媒による水素製造に関するCRESTプロジェクトがクリーンエネルギー研究センターで遂行中です。他方、シリコン系に替わる次世代太陽電池(色素増感型、新規酸化物半導体型、化合物半導体型)に関する基礎応用の教育・研究を本学および連携機関(NIMS)で推進しています。本プログラムでは、太陽光変換のみでなく、太陽熱または未利用の低品位廃熱を利用可能な熱電変換材料開発にも取り組みます。



GO TOP